ロレックス ロレックス

型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

オメガ スピードマスター Ref.3578.51 スヌーピーアワード黒文字盤 とは|特徴・スペック・価格など

オメガ スピードマスター Ref.3578.51 スヌーピーアワード黒文字盤のモデル詳細情報です。NASA公認で月にも行った歴史を持つスピードマスター。宇宙開発計画への貢献を称える賞・シルバースヌーピーアワードを受賞しています。

スヌーピーアワードの記念モデルは2種類発売されていますが、こちらは2003年に5,441本限定で発売された第一弾モデルとなります。

続きを読む

ロレックス エアキングの買取相場が分かる|モデル・Ref・地域別で買取店の実績を比較

ロレックス アンティーク エアキング 5500 買取

1940年代に登場したロレックス・エアキング。ロレックス史上もっとも古いペットネームを有するモデルとして、またエントリーモデルとしても多くのファンがいるモデルであるため、高価買取につながりやすい高級ブランド時計です。

エアキングの最新の買取相場や、これまでの相場推移、エアキングを売るときの「よくある質問」をまとめて紹介します。

続きを読む

オメガ スピードマスター Ref.3570.40 プロフェッショナル マークⅡ とは|特徴・スペック・価格など

オメガ スピードマスター Ref.3570.40 プロフェッショナル マークⅡのモデル詳細情報です。NASA公認で、月にも行った歴史を持つスピードマスター。こちらは1969年、アポロ11号が月に降り立ったミッションから、35周年を記念して発売された日本限定モデルです。

続きを読む

オメガ スピードマスターオートマチック Ref.3510.50 とは|特徴・スペック・価格など

オメガ スピードマスターオートマチック Ref.3510.50 のモデル詳細情報です。スピードマスターは、NASA公認で月に行ったことがもっとも有名な話ですが、1957年発売された当時は、ストップウォッチ付きのカーレース用腕時計として発表されました。そこから現在に至るまで、多数のバリエーションが展開されており、1988年に登場したリデュース版がこちらのRef.3510.50です。

続きを読む

ロレックス コスモグラフ・デイトナ Ref.6263 とは|特徴・スペック・価格など

ロレックス コスモグラフ・デイトナ Ref.6263 のモデル詳細情報です。1963年に登場したデイトナ。Ref.6263は、1970年に発売された第3世代モデルです。歴代デイトナの中で、もっとも人気のあるモデルでありながら、その希少性は年々増しており、なかなか実物を見れる機会も減っています。

続きを読む

オメガ スピード Ref.311.32.42.30.04.003 アポロ13号45周年記念モデル とは|特徴・スペック・価格など

オメガ スピードマスター・アポロ13号45周年記念モデルのモデル詳細情報です。NASA公認で月にも行った歴史を持つスピードマスター。宇宙開発計画への貢献を称える賞・シルバースヌーピーアワードを受賞しています。こちらは1970年アポロ13号のミッションから、45周年を記念して発売された限定モデルです。

続きを読む

268622を売るなら|買取店別ロレックス ヨットマスター査定価格を比較(2019年7月)

ヨットマスター37買取

商品のご購入はこちらから

ロレックス(ROLEX)ヨットマスター ボーイズ ロレジウム Ref.268622の買取価格を調査しました(最終更新:2019年7月)。

Ref.268622 は、2016年に登場した新作ヨットマスター37。ボーイズサイズと呼ばれていた35mmサイズの後継版で、新たに37mmにサイズアップされました。

本調査の結果、買取相場は ¥585,000 ~ ¥1,000,000 (中点値 ¥792,500 )となりました。

続きを読む

14010を売るなら|買取店別ロレックス エアキング エンジンターンド査定価格を比較(2019年7月)

エアキング14010買取

ロレックス(ROLEX)エアキング Ref.14010の買取価格を調査しました(最終更新:2019年7月)。

Ref.14010は、エンジンターンドベゼルを装備した34mmのステンレススチール製ケースに、日付機能を持たないシンプルな3針ムーブメントを備え、1990年から約10年間販売された第三世代エアキングです。

本調査の結果、買取相場は ¥182,000 ~ ¥310,000 (中点値 ¥246,000 )となりました。

続きを読む

14000を売るなら|買取店別ロレックス エアキング査定価格を比較(2019年7月)

エアキング14000買取

商品のご購入はこちらから

ロレックス(ROLEX)エアキング Ref.14000の買取価格を調査しました(最終更新:2019年7月)。

Ref.14000は、34mmのステンレススチール製ケースに、日付機能を持たないシンプルな3針ムーブメントを備え、1990年から約10年間販売された第三世代エアキングです。

本調査の結果、買取相場は ¥179,000 ~ ¥350,000 (中点値 ¥264,500 )となりました。

続きを読む

ウブロ アエロバン・スチール Ref.311.SX.1170.GR.1140 とは|特徴・スペック・価格など

ウブロ アエロバン・スチール Ref.311.SX.1170.GR.1140 のモデル詳細情報です。ウブロ ビッグバンは2005年に登場したクロノグラフモデル。当時業績の良くなかった同ブランドを再興させるため、新たにCEOに就任したジャン・クロード・ビバーによって生み出された名作ウォッチです。

続きを読む

ロレックス シードゥエラーディープシー Ref.126660 とは|特徴・スペック・価格など

ロレックス シードゥエラーディープシー Ref.126660 のモデル詳細情報です。2018年のバーゼルワールドで発表された、最新モデルです。サブマリーナの上位機種にあたるプロフェッショナルダイバーズであり、ディープシーはシードゥエラーよりさらに上位機種という位置づけとなります。

続きを読む

『ロレックス買取応援団』はロレックスの売却を考えている方に向けて最新の買取市場相場を調査・報告しているサイトです。もし今あなたがロレックスを売りたい、もしくは資産価値を見込んで売る前提で購入を検討しているのであればきっとお役に立てる情報が見つかるでしょう。
ロレックス(Rolex)は、誰もが憧れる世界的に認知度が高い高級腕時計ブランドです。中古市場においても圧倒的な人気を誇りその換金率は他のブランドの水準を大きく上回ります。 その発足は1908年(前進となる企業は1905年発足)。創業より一貫して実用性に特化した時計づくりを行っており、現代の腕時計技術の礎となる3大発明『デイトジャスト機構』『パーペチュアル機構』『オイスターケース』を生み出したメーカーとしても有名です。
そのほか、世界で初めてクロノメーター認証を取得したり、世界初のダイバーズウォッチを発売したりと、数々の偉大な歴史を持っています。
ロレックスの特徴として、歴史や機能面以外では、他ブランドよりもリセールバリューが優れているということがあります。 世界中の市場で絶えず取引が行われており、ユーズド市場の価値も非常に高額です。 そのため、購入後日常的に使用したものであっても、高値での買取(売却) が可能となっています。
現行モデルはもちろん、旧モデルやヴィンテージモデル、アンティークモデルまで。すべてのモデルにおいて高額の価値があるブランドは、ロレックスの他にはないでしょう。
特にデイトナやサブマリーナ、GMTマスター2、エクスプローラー1、エクスプローラー2などのステンレススチール製スポーツウォッチは、近年世界的に需要が急増しており、中古品の販売価格が新品定価を上回るケースもあるほど高騰状態です。
それと連動して、買取価格も高値水準となっていますが、ロレックスの買取価格は、円相場や金相場、そのタイミングでの需要と供給のバランス、買取店の形態などによって、細かい変動を繰り返していることも事実です。
ロレックス買取応援団では、日々変動するロレックスの買取市場について、人気の高い現行スポーツモデルから、旧世代のドレスモデル、金無垢ロレックスに至るまで、200以上のモデルの買取価格を継続的に調査を行なっています。
また、全国の買取店やブランド買取に関連するサービスについても、積極的に調査を行なっております。
ロレックスの買取相場調査や売るタイミングの判断、買取店の選定などにぜひお役立てください。