型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス高価買取のご依頼はこちら

お祝い金バナー

バイヤー厳選|ロレックス今週の3本

2016.05.10

どうなる? ロレックス ミルガウス116400 生産終了後の買取相場

更新
ロレックス ミルガウス 116400 買取

昨年で生産終了となり、在庫のみの販売となった ロレックス ミルガウス Ref.116400。ブラックの新品は、市場から少しずつ数が減っていますが、今のところ価格の大きな変動は見受けられません。今後の市場動向を推察します。

目次

  • ロレックス ミルガウス Ref.116400とは
  • ミルガウス Ref.116400 の新品価格推移
  • ミルガウス Ref.116400 の買取価格推移
  • まとめ 今後の相場予想

116400_005

ロレックス ミルガウス Ref.116400とは

ミルガウスの歴史の始まりは1950年代。医師、発電所の作業員、科学者など、強い磁場の発生する現場で働く人のために作られたことが始まりとなります。

1988年に一度ニーズが無くなった事で生産終了となりましたが、2007年に復活。通常のサファイアクリスタル風防のRef.116400と、グルーンサファイアクリスタル風防のRef.116400GVの2モデルが再び市場に登場しました。

ムーブメントには、独自開発の高い耐磁性を持つブルーパラクロム・ヒゲゼンマイを採用し、また、ガンギ車とアンクルは非晶質合金仕様にすることにより、機械式時計の弱点である衝撃や磁気への耐性が増し、今まで以上に安定した精度を保つことができる仕様となった。ミルガウス専用ムーブCal.3131を「市場に流通している最も高性能なムーブメントのひとつ」に挙げる技術者は少なくない。引用:クォークさま

しかしながら、通常のサファイアクリスタル風防のRef.116400は、昨年2015年に生産終了が決定。現在は、グリーンサファイアクリスタル仕様のRef.116400GVのみが生産されています。

ロレックスミルガウス Ref.116400 のスペック
ケース&ブレス素材:ステンレススチール
風防:サファイアクリスタル
製造年:2007 〜 2015年
ケースサイズ:40mm径×13mm厚
防水性能:100m
ムーブメント:cal.3131(耐磁性ブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイ)
国内参考定価:¥788,400

ミルガウス Ref.116400 の新品価格推移

ミルガウスの直近2年の新品実勢価格の推移をみていきましょう。

価格.comより、価格推移グラフを引用します。

via : 価格.com

via : 価格.com

via : 価格.com

via : 価格.com

グラフより、2年前と現在の価格は以下の通りです。

新品実勢価格 2014年5月12日
ブラック 平均価格 ¥602,193(最安値¥568,000)
ホワイト 平均価格 ¥568,393(最安値¥533,520)

新品実勢価格 2016年5月9日
ブラック 平均価格 ¥707,666(最安値¥696,000)
ホワイト 平均価格 ¥621,157(最安値¥596,980)

現在まだ新品で購入する事ができます。価格コムには、7店舗が出品中です。

価格の変化ですが、生産中止になったあとも今のところ値動きは特にありません。
過去2年間での価格推移は、定価改訂と為替変動による変動のみとなります。

ミルガウス Ref.116400 の買取価格推移

ミルガウスの買取価格推移は以下の通りです。

2015年10月の ミルガウスRef.116400 買取価格
ブラック ¥470,000 〜 ¥535,000
ホワイト ¥440,000 〜 ¥493,000

2016年5月10日の ミルガウスRef.116400 買取価格
ブラック ¥460,000 〜 ¥577,000
ホワイト ¥430,000 〜 ¥493,000

追記:2017年以降の買取価格はこちら
→ ロレックス ミルガウス 116400 の買取価格はどうなった?

買取価格は、今後の品切れを予想してか、ブラックのみがやや上昇しています。

ブラックダイヤル(黒文字盤)の方が高いのは、ロレックスの全モデルで共通となります。
>> ロレックス買取調査 白盤or黒盤 高いのはどっちだ

まとめ 今後の相場予想

ミルガウス Ref.116400 の新品価格ですが、近々に異常高騰するようなことはないと判断します。

グリーンサファイアクリスタル仕様のRef.116400GVの方が人気が高く、とくにZブルーは品薄状態になるほどの人気なので、あえて通常モデルの116400を選ぶという人は少ないと判断します。

ミルガウスのアンティークモデルRef.1019は、生産終了後しばらくたってから人気に火がついたという経緯があるため、Ref.116400も忘れたころに超高騰する可能性は十分にあります。

時計店もそれ予測して、リスクの無い程度に様子を見ながら買取を強化しているのかも知れませんね。今後の値動きはマメなチェックが必要になりそうです。