型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

2019.07.04

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク Ref.15400ST とは|特徴・スペック・価格など

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク Ref.15400ST のモデル詳細情報です。2012年に発売され、今年2019年に最新モデル15500が登場し、今日現在はまだ公式サイトに掲載されていますが、いつ廃盤になってもおかしくないモデルです。

目次

 

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク Ref.15400ST(製造年、基本スペックなど)

  • 製造年: 2012年~
  • ムーブメント: Cal.3120
  • 防水性能:50m
  • ケース径:41mm径×9.8mm厚
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ブレス素材:ステンレススチール
  • 風防:サファイアクリスタル
  • パワーリザーブ:60時間

世界3大時計ブランドの一角であるオーデマ・ピゲ。そのフラッグシップモデルがロイヤルオークです。

15400STには、毎時21,600振動というロービートムーブメントcal.3120が装備されています。新作では振動数がいわゆる一般的な28,800振動に変更されているため、ロービート特有のゆとりある秒針の動きが見られるのは、このモデルまでとなりました。

リューズでの操作は、日付のクイックチェンジと、長針の調整が可能です。グランドタペストリーダイヤルと呼ばれるデザインの文字盤には、ホワイトゴールド製のバーインデックスと、同じくホワイトゴールド製の針を装備。

薄い盤面に施された立体的な彫り模様は、よく見るとスクエア部分とライン部分とで、異なる模様になっています前作15300STとは、ケース径以外にも、ロゴの位置や日付表示などが変わっているため、ぜひじっくり見比べてみてください。

3大ブランドの一角、オーデマ・ピゲのフラッグシップモデル

リューズは6角形。よくある丸形よりも回しやすいデザインです。ケースサイズは41mm径、9.8mm厚。パワーリザーブ60時間の自動巻きムーブメントを備えながらも、ここまで薄く作れる技術に、3大ブランドの実力を感じますね。

8角形のベゼルは、ポリッシュ加工とサテン加工を組み合わせており、立体的なデザインになっています。そして、ラグ部分。ここも他の時計にはない形状ですよね。ここが手首のサイズに合うかどうかが、ケースサイズ選びの大きなポイントになると思います。

ブレスレットもロイヤルオーク特有の形状です。フラットに加工されたサテン仕上げのパーツが作り出す光の反射は、ギラつき過ぎず、抑え過ぎず、絶妙なバランス感で作られています。

角部分は丁寧に面取りされて、さらに磨き上げられている点など、細部へのこだわりから生み出される美しさは、まさに『見惚れる』というフレーズがぴったりだと思います。

ビジネスシーン、ドレスシーン、幅広く活躍してくれるラグスポ3針モデル

バックルは、APフォールディングバックルと呼ばれる、両面折込タイプです。開く際にはワンタッチで操作することができます。

使い勝手の良さから、ビジネスマンの方から絶大な人気を誇るモデルですが、ビジネスシーンはもちろん、ドレスシーンもこなしてくれる一本ですね。3針ウォッチとしては少し大きめの41mm径ですが、薄型なので品よく着こなすことができます。

15400ST、もし廃盤になれば、ますます入手困難になるため、その後の値上がりにも注意しておきたいところ。購入検討されている方は、値上がりし過ぎないうちに手を打ったほうが良いかもしれません。

3針のロイヤルオークには、こちらの41mmの他、39mm、37mmという展開もあります。寄ったときの見た目、離れたときの見た目、そして装着感と、いろいろ選ぶ項目があって面白いのも、ロイヤルオークの魅力ですね。

合わせて読みたい記事

ロイヤルオーク15400STの査定価格比較
→ 15400ST.OO.1220ST.02を売るなら|買取店別オーデマピゲ ロイヤルオーク査定価格を比較(2018年10月)