型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

2019.06.27

ブライトリング ナビタイマー1 Ref.A165C-1WBA とは|特徴・スペック・価格など

ブライトリング ナビタイマー1 Ref.A165C-1WBA のモデル詳細情報です。ナビタイマーシリーズの中でも、3針デイトという異質な存在であるナビタイマー1。38mmという小ぶりなケースに、爽やかなブルーホワイトの文字盤が特徴のユニセックスモデルです。

目次

 

ブライトリング ナビタイマー1 Ref.A165C-1WBA (製造年、基本スペックなど)

  • 製造年: 2018年〜
  • ムーブメント: cal.ブライトリング17
  • 防水性能:30m
  • ケース径:38mm径
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ブレス素材:クロコダイルレザー
  • 風防:ドーム型サファイアクリスタル
  • ベゼルタイプ:両方向回転ベゼル(回転計算尺)
  • 新品重量:約60g

小ぶりな時計が好みの男性はもちろん、ナビタイマーを着けてみたかったけど通常モデルだと大きすぎたという女性にもおすすめのサイズ感だと思います。

ナビタイマーといえば、サブダイヤルが複数あって、針も目盛もたくさんあって、どこをどう読めばいいのやらわからない。

そこがかっこいいポイントではありますが、実際には使わない機能だらけですよね。

こちらのナビタイマー1は、ナビタイマーらしい文字盤デザインでありながらも、機能は3針プラス日付という、非常にわかりやすく使いやすいというのが魅力です。

ベゼルは文字盤外周の目盛部分と繋がっており、このように回転させることが可能です。

計算尺付きの本格パイロットモデル

外周目盛は、航空用回転計算尺といって、2桁以上の数字を掛け算または割り算をするときに用います。

ナビタイマーは1950年代からあるモデルで、電卓もまだなかった時代のパイロットは、これを使って残り燃料と飛行時間を計算したりしていました。

今となってはデザイン的な名残でしかありませんが、こうした歴史を感じる作りはロマンがありますよね。

小ぶりな文字盤内に収められた機能と目盛は、非常にバランスが良く、美しいですね。

先端が赤く塗られた秒針は、反対側がブランドの頭文字Bになっており、細かい点までおしゃれ度高く作られています。

ベゼル外周の球体パターンも、初代ナビタイマーから引き継がれる伝統的なデザインです。

小ぶりかつブルー文字盤で合わせやすいナビタイマー1

ケース裏面は鏡面加工が施されており、そこにブランドロゴのエングレーブドが彫り込まれています。

ブルー文字盤の小ぶりな時計ということで、スーツには非常に合わせやすいですね。

定番のグレー系や紺系のスーツには、特に合わせやすいと思います。

もちろんビジネスバッグとの相性も抜群。

文字盤外周にホワイトがあることがおしゃれ度高いですよね!実際のサイズより小さく見える点もGOODだと思います。

ナビタイマー1 Ref.A165C-1WBA の買取価格

ナビタイマーの買取相場については、下記の記事よりご確認ください。
→ ブライトリング ナビタイマー 買取相場|高額査定&見積りのコツ

合わせて読みたい記事

ブライトリング新作情報2019年1月
→ ブライトリング ナビタイマー新作発表!ナビタイマー1エアラインエディション