型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

2019.12.17

見ているだけで幸せになれる!クリスマスペアウォッチ6選

更新

本日は、素敵なクリスマスを彩るペアウォッチ、選んでみました。この時期、時計店やブティックに行くと、ギフトムード一色!ブランド公式サイトを開いてみても、ギフト用の特設ページが用意されていて、いつもより華やかな雰囲気になっています。ディスプレイ眺めているだけでも、幸せな気分になりますよね。クリスマスらしく、華やかで楽しい気分にさせてくれる時計たち。6ブランドから選んでみました。ぜひ最後までゆっくりと楽しんでいってください。

目次

ロレックス デイトジャスト

では早速、1つめのペアはロレックスから。定番モデルのデイトジャストを、イエローゴールドとステンレススチールのコンビ素材で華やかに。ベゼルとブレスレットも装飾性の高いものにして、ジュエリー感覚で楽しみたい。

公式サイトより引用:https://www.rolex.com/

よく見ると、6時と9時の位置に小さなダイヤモンドが配置され、ラグジュアリーでありながら、『可愛らしさ』も同時に表現されています。文字盤はクリスマスっぽくグリーンで。グリーンとイエローの組み合わせは、ロレックスのロゴカラーでもありますね。ちなみに、ロレックスの公式サイトには、フェスティブコレクションというページが出来ておりました。

公式サイトより引用:https://www.rolex.com/

特別新しいモデルが登場したわけではありませんが、既存ラインナップの中から、カラフルで楽しいものがピックアップにて紹介されています。
まるで雪のようにインデックスが舞っている感じ、いいですね!

この時期にしか見られないページかと思いますので、まだご覧になっていない方、ぜひこのあと覗いてみてください。
動画説明欄にリンク貼っておきますね。

カルティエ タンク

続いて、カルティエですが、こちらもギフトページがありますね。ギフトの目的や、価格帯などで絞り込めるようになっています。

公式サイトより引用:https://www.cartier.jp/

今回は、ギフト目的をクリスマスに設定して、その中からペアウォッチ選んでみました。タンク ルイ・カルティエ イエローゴールドウォッチのペア。

公式サイトより引用:https://www.cartier.jp/

3代目当主ルイ・カルティエ本人も愛用し、後にアール・デコと呼ばれる様式の先駆けとなった、初代タンクの復刻デザインです。

これ、おしゃれじゃないですか!?

シンプルながら、決して簡素ではない、洗練されたスタイル。イエローゴールドとブラウンレザーの組み合わせは、優しい温もりを感じさせてくれます。いい感じの脱力感。これをペアで着けていたら、お互いリラックスできる良い関係なんだろうなと思わせてくれますね。

シャネル ボーイフレンド ネオ ツイード

続いては、シャネルのペアウォッチ。これはもうJ12でしょ!と思ったんですが、いやいやそれ以外にも、素晴らしい時計はあるんですよ!

公式サイトより引用:https://www.chanel.com/

ボーイフレンド ネオ ツイード。シャネルのブランドカラーと言えば黒。そして女性用ジャケットの素材に取り入れたことで、ブランドの躍進にも繋がったツイード。2つのブランドアイデンティティを感じさせる、ファッショナブルなモデルです。J12とはまた違った良さがありますよね!

生涯、女性らしさを追い求めたガブリエル・シャネル。そのドラマチックなストーリーに思いを馳せながら、楽しみたい時計です。

ブルガリ ジェラルド・ジェンタ

続いては、ブルガリから、こちらの2本選んでみました。ブルガリでペアウォッチを選ぼうと思うと、同じモデルがあるのはブルガリ・ブルガリだけなんですよね。それでも素敵な組み合わせにはなるんですが、今回クリスマス特集ということで、少し変わり種を見てみたいなと。

左が男性用で、ジェラルド ジェンタ アリーナ バイ レトロ というモデル。右が女性用で、ディーヴァ ドリーム というモデル。

公式サイトより引用:https://www.bulgari.com/

あえてブランドアイコン的なものではないところで選んでみましたが、どうですかこの艶やかで丸い感じ。左がプラチナ製、右がホワイトゴールド製です。

ブルーの色合いは深みがあって、只者ではない感じ、出ますよね。ディーヴァ ドリーム の方は、文字盤にラピスラズリを使用していますので、天然石ならではの結晶感まで、見て楽しむことができます。

ユニークポイントは機構にもあります。どちらもレトログラード、そしてジャンピングアワーという複雑機構を搭載しています。トップジュエラーは、やはり時計作りも超一流ですね。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

続いては、オーデマ・ピゲのペアウォッチ。オーデマと言えば、やはりロイヤルオークでしょう!

公式サイトより引用:https://www.audemarspiguet.com/

男性はスポーティに、ブルーのSS製クロノグラフを。たくましいデザインで、頼りがいのある男性像を演出してくれます。そして女性には、華やかなフロステッドゴールドを。33mmという可憐な時計ですが、ロイヤルオークが持つ力強いデザインから、強い意志のようなものも感じることができます。

フロステッドゴールドは、オーデマ・ピゲの独自素材。金素材の表面に細かく凹凸が施されており、ブランドサイトの言葉をそのまま引用すると、

“ ゴールドの表面に施された細かな刻み目が光をとらえることで生み出される、「ダイヤモンドダスト」のような魅惑的な輝き。 “とあります。

まさに冬のこの時期にはぴったり。雪深いスイスをも連想させる美しい仕上げですね。

ウブロ クラシックフュージョン

ラストはウブロのペアウォッチ。選んだのはこちら。ウブロでは珍しいブレスレットの仕様。ブラックセラミック製です。

公式サイトより引用:https://www.hublot.com/

オールブラックながら、ベゼルにはダイヤモンドが施され、セクシーな印象も受けます。ぜひロックテイストに着こなしてほしいペアウォッチですね。

まとめ

以上、素敵なクリスマスを彩るペアウォッチ、ご紹介してきました。どれも眺めるだけで楽しい気分になる、そんなラインナップだったかと思います。