型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス高価買取のご依頼はこちら


お祝い金バナー4


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本

2018.08.07

516.CM.1440.LRを売るなら|買取店別ウブロ クラシックフュージョン査定価格を比較(2018年8月)

更新
腕時計買取相場

ウブロ(HUBLOT)クラシックフュージョン パワーリザーブ8 オールブラック Ref.516.CM.1440.LRの買取価格を調査しました(最終更新:2018年8月)。

8日間のパワーリザーブを備えたメンズモデル。オールブラックのデザインが特徴です。

本調査の結果、買取相場は ¥845,856~ ¥1,047,708となります(推定値)。

目次(クリック可)

クラシックフュージョン Ref.516.CM.1440.LRとは

ウブロの買取市場での評価と、クラシックフュージョン 516.CM.1440.LRのスペック詳細は次のようになります。

ウブロの買取市場での評価

舷窓を意味するブランド名を持つ「HUBLOT ウブロ」。その名の通り、船の小窓のような丸形ビス止めデザインが象徴的な高級時計ブランドです。

1980年創業の新興ブランドながら、FIFAワールドカップやF1などのオフィシャル計器として活躍しており、デザインのみならず性能面でも抜群の信頼性を誇ります。アスリートやスターの愛用者が多いことでも知られています。

ユーズド市場でも人気モデルが多く、高値で取引されています。

516.CM.1440.LRの詳細

  • Ref.516.CM.1440.LR
  • 機械:手巻き
  • 材質名:セラミック
  • ブレス・ストラップ:ストラップ
  • タイプ:メンズ
  • カラー:ブラック
  • 外装特徴:シースルーバック
  • ケースサイズ:45mm
  • 機能等:パワーインジケーター、デイト

8日間のパワーリザーブを備えたメンズモデル。オールブラックのデザインが特徴です。

関連カテゴリー: クラシックフュージョン買取

調査内容

買取応援団では、クラシックフュージョン Ref.516.CM.1440.LRの買取相場を一覧表にまとめるにあたり、下記の調査を実施しました。

目的と方法

▼目的:

インターネット上では各店舗の事例などから買取金額の確認が可能ですが、そういったものも個別の金額が確認できるだけに留まっており、本当の意味での「相場」と言える情報は限られています。

この記事では買取店が個別に提示している買取金額を出来る限り網羅して集計し、そこから具体的な売却の戦略、つまりいくらでの売却を狙うのか、それを明確に示すことをゴールとしています。

▼方法:

買取店の公式サイト等インターネット上で確認できる情報や私たちの独自ネットワークから得た、一般には出てこない買取価格を集計します。

複数の事例が確認された場合、最安値・最高値はそれぞれの平均を出していきます。

最終的には最安値と最高値の真ん中の価格(中点値)の数字を使って、現在の中古市場マーケットにおいて期待できる売却価格を特定します。

対象の買取店

検索キーワード「クラシックフュージョン 516.CM.1440.LR 買取」で表示される上位サイト、および主要なブランド時計買取店を対象としています。

また、これらとは別にバイヤー間での流通価格も別途調査しています。

(五十音順)

  • ウリドキ
  • エコスタイル
  • 買取エージェント
  • カイトリマン
  • カドノ質店
  • ギャラリーレア
  • GMT
  • jrs
  • 大黒屋
  • なんぼや
  • ピアゾ
  • ヒカカク
  • 宝石広場
  • ロデオドライブ

買取価格表(2018年8月版)

2018年8月調査の実績は以下の通りでした。

このほかバイヤー間での流通実績も調査を実施。直近1年間での実績は確認できませんでした。

買取店・サイト 最安値   最高値 中点値
(下記の平均)
(バイヤー情報)
ウリドキ 要問合せ
エコスタイル 要問合せ
買取エージェント 要問合せ
カイトリマン 要問合せ
カドノ質店 要問合せ
ギャラリーレア 要問合せ
GMT 要問合せ
jrs 要問合せ
大黒屋 要問合せ
なんぼや 要問合せ
ピアゾ 要問合せ
ヒカカク 要問合せ
宝石広場 要問合せ
ロデオドライブ 要問合せ

↑ スマホでご覧の場合、左右スクロールにてご覧ください。

買取相場の推移

クラシックフュージョン 516.CM.1440.LRの買取価格調査は今回が初調査となるため、相場推移の情報はありません。

調査時期 最安値 最高値 中点値
2018年8月

↑ スマホでご覧の場合、左右スクロールにてご覧ください。

高額査定の目安となる換金率

換金率(リセールバリュー)とは「定価に対して、いくらで売れるのか?」をパーセンテージで表した数字です。例えば100万円で買ったものが40万円で売れる場合は「換金率40%」となります。

高級ブランド時計は総じてこの換金率が高い水準にありますが、最終的には買取店ごとの得意不得意に影響さればらつきが出ます。基準となる換金率を把握し、今後の購入もしくは売却の計画の一助としてご活用ください。

算出方法

換金率は次のように算出しています。

  1. 買取価格を調査
  2. 定価・販売価格を調査
  3. 買取価格を販売価格(定価もしくは販売価格)で割る

▼換金率の計算式:換金率(%)= 買取価格 ÷ 販売価格 × 100

販売価格については、基本的には価格変動の要素が少ない定価に基づいて計算しますが、生産終了モデルなど定価が不明の時計については中古の最高販売価格にて算出しています。

※販売価格は価格コム・Rakuten・ヤフオク・メルカリ・KANTE・ラクマにて調査しました。

販売価格(新品)

上述の調査対象サイトにおいて、販売中の新品は3点ほど確認されました。

調査時期 定価 最安値 最高値 中点値
2018年8月 ¥1,922,400 ¥1,204,000 ¥1,305,600 ¥1,254,800

↑ スマホでご覧の場合、左右スクロールにてご覧ください。

販売価格(中古)

上述の調査対象サイトにおいて、販売中のユーズドは確認できませんでした。

調査時期 最安値 最高値 中点値
2018年8月

↑ スマホでご覧の場合、左右スクロールにてご覧ください。

換金率(リセールバリュー)

今回の調査では買取価格が不明のため、換金率の算出は行なえませんでした。

もっともクラシックフュージョンの他のモデルの水準で考えると、換金率は44.0~54.5%前後で推移するものと予想されます。

516.CM.1440.LRの高価買取はいくらから?

本調査の結果、ウブロ(HUBLOT)クラシックフュージョン パワーリザーブ8 オールブラック Ref.516.CM.1440.LRの買取相場は ¥845,856~ ¥1,047,708となります(推定値)。(2018年8月調べ)

今回の調査において、主要買取店で査定額の提示は確認できませんでした。

そのため定価に対して、平均的なウブロクラシックフュージョンの換金率である44.0~54.5%をかけ合わせた値を推定査定相場としました。

手厚い交渉が期待できる点で時計専門店やブランド品買取店を中心に、複数店舗で査定することをオススメします。

【参考】高級ブランド時計を売却する際の選択肢

時計売却の主な選択肢となる、3種類の売り方についての解説となります。

店頭買取

買取店に持ち込んで査定してもらうという方法(いわゆる店頭買取)は、もっともシンプルに時計を売る方法です。

  • 対面で査定士とやりとりしたい
  • その日のうちに複数店舗で売却額の比較がしたい
  • 即現金が欲しい
  • 下取りして欲しい時計に買い替えたい

このような時、店頭での売却は『宅配』や『出張』と比較して大きく有利になります。

特に下取り買い替えが適用されるケースでは、(ブランドにもよりますが)金額面で若干優遇されるため、同じお店で売って買ってができる時計専門店やブランド品リサイクルショップでぜひ検討したい方法です。

→ 店頭買取のメリット詳細と利用手順について確認する

宅配買取

時計を売りたいと思った時、お住いのエリアに専門的な査定ができるお店が少ないという場合に便利なのが、宅配買取の利用です。

宅配買取の最大のメリットは、お住いの地域に限定されることなく、高額査定のお店を選ぶことができる点です。近くのお店を数件回ってみたけど、思ったより安くて、できればもう一声欲しい…そんな場合におすすめの方法となります。

特に地方都市の場合、時計の査定が可能なお店の数が都心部と比べてはるかに少なくなってしまうため、『より高く売りたい』場合には、宅配買取という方法も必ず検討するようにしましょう。

箱詰め作業と配送の時間が必要になるため、店頭買取のような即現金化は難しいですが、お店に行く時間が取れない場合などにもおすすめです。

配送の際は、宅配業者の保険対象額もしっかり確認するようにしましょう。

出張買取

年配の富裕層ご用達の売り方、それが出張買取になります。荷造りが面倒だったり、店舗まで出向くのが難しい・面倒である、売りたいものが多いというシーンでの相性が良い買取方法といえます。

もちろん出張エリア内に住んでいれば誰でも利用できますが、出張買取を利用する時間には(当然ですが)在宅しなければいけないため、多忙な方や家にいる時間が少ない人は宅配買取や店頭買取の方がオススメです。

(参考:出張買取の利用 いくらからOK?