ロレックス ロレックス

型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

カルティエ Cartier とは|ブランド誕生と時計コレクションの歴史

時計ブランド、有名モデルの歴史や誕生背景を探っていくと、新たな魅力を発見することが出来ます。今回ピックアップしたのは、フランス・パリ発祥のジュエリーブランド・カルティエ。ブルガリやティファニーなどとともに、世界5大ジュエラーに数えられる名門であり、男性用の実用腕時計を作った最初のブランドでもあります。

続きを読む

チューダーTUDORブティック銀座へ!!ブラックベイクロノ、GMT、フィフティエイトはあるのか!?

先日土曜日、9/14ですね、銀座のチューダーがオープンとなりました。ニュースにもなってましたね。

“ スイスの腕時計ブランド「チューダー(TUDOR)」が、日本初の路面旗艦店「チューダー ブティック 銀座(TUDOR BOUTIQUE GINZA)」を出店する。オープン日は9月14日。 “

私、オープニングセレモニーの翌日、一般営業の初日となった9/15に行ってまいりました。お店の方にもいろいろ質問してきましたので、お役に立てる情報あるかと思い、本日はその報告記事でございます。

あと、後半はずっと行ってみたかったセイコードリームスクエアのレポートです。プロスペックスとアストロン、見てきましたので、そちらの情報もお伝えしていきます。

続きを読む

ロレックス デイトナ Ref.16528G とは|特徴・スペック・価格など

本日は、ロレックス デイトナ Ref.16528G の実機レビュー、お送りしていきます。

デイトナの登場は1963年。人類の宇宙への挑戦、そしてスピードへの挑戦にインスパイアされて誕生した、ロレックスを代表するモデルです。

今回ご紹介するRef.16528Gは、2000年に生産終了となった先々代モデルの金無垢デイトナ。Refナンバーの末尾にGと付くのは、文字盤内にダイヤモンドが使われていることを表しています。

続きを読む

126710BLNRを売るなら|買取店別ロレックス GMTマスター2査定価格を比較(2019年9月)

GMTマスター2青黒126710blnr

商品のご購入はこちらから

ロレックス(ROLEX)GMTマスター2 Ref.126710BLNRの買取価格を調査しました(最終更新:2019年9月)。

Ref.126710BLNRは、2019年に登場したGMTマスター2青黒ベゼルの最新作です。新たに専用のジュビリーブレスを装備したことで、よりドレッシーな仕上がりに進化しました。

本調査の結果、買取相場は ¥1,100,000 ~ ¥2,100,000 (中点値 ¥1,600,000 )となりました。

続きを読む

ブルガリ BVLGARI とは|ブランド誕生と時計コレクションの歴史

イタリア・ローマ発祥のジュエリーブランド・ブルガリ。カルティエやティファニーなどとともに、世界5大ジュエラーに数えられる名門ですが、ブランドとして手掛ける分野は広く、1970年代より腕時計のコレクションも展開されています。

さらに2000年には超が付く腕利きのデザイナー、そしてあの有名時計師とも手を組んだことで、ここ数年で本格腕時計ブランドの仲間入りを果たしています。ブランドの誕生背景から、直近のヒット作であるオクト・フィニッシモの発表まで。ブルガリの魅力、一緒に見ていきたいと思います。

続きを読む

26331ST.OO.1220ST.01を売るなら|買取店別オーデマピゲ ロイヤルオーク査定価格を比較(2019年9月)

腕時計買取相場

オーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)ロイヤルオーク クロノグラフ Ref.26331ST.OO.1220ST.01の買取価格を調査しました(最終更新:2019年9月)。

8個の六角形ネジ留のオクタゴナル(八角形)型ベゼルと「グランド タペストリー」パターンダイヤルが特徴の、41mm自動巻きクロノグラフモデルとなります。文字盤はブルーダイヤルです。

本調査の結果、買取相場は ¥2,400,000 ~ ¥2,500,000 (中点値 ¥2,450,000 )となりました。

続きを読む

15202ST.OO.1240ST.01を売るなら|買取店別オーデマピゲ ロイヤルオーク査定価格を比較(2019年9月)

腕時計買取相場

オーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)ロイヤルオーク 「ジャンボ」エクストラシン Ref.15202ST.OO.1240ST.01の買取価格を調査しました(最終更新:2019年9月)。

8個の六角形ネジ留のオクタゴナル(八角形)型ベゼルと「グランド タペストリー」パターンダイヤルが特徴の、39mm自動巻きモデルとなります。文字盤はブルーダイヤルです。

本調査の結果、買取相場は ¥2,400,000 ~ ¥4,000,000 (中点値 ¥3,200,000 )となりました。

続きを読む

『ロレックス買取応援団』はロレックスの売却を考えている方に向けて最新の買取市場相場を調査・報告しているサイトです。もし今あなたがロレックスを売りたい、もしくは資産価値を見込んで売る前提で購入を検討しているのであればきっとお役に立てる情報が見つかるでしょう。
ロレックス(Rolex)は、誰もが憧れる世界的に認知度が高い高級腕時計ブランドです。中古市場においても圧倒的な人気を誇りその換金率は他のブランドの水準を大きく上回ります。 その発足は1908年(前進となる企業は1905年発足)。創業より一貫して実用性に特化した時計づくりを行っており、現代の腕時計技術の礎となる3大発明『デイトジャスト機構』『パーペチュアル機構』『オイスターケース』を生み出したメーカーとしても有名です。
そのほか、世界で初めてクロノメーター認証を取得したり、世界初のダイバーズウォッチを発売したりと、数々の偉大な歴史を持っています。
ロレックスの特徴として、歴史や機能面以外では、他ブランドよりもリセールバリューが優れているということがあります。 世界中の市場で絶えず取引が行われており、ユーズド市場の価値も非常に高額です。 そのため、購入後日常的に使用したものであっても、高値での買取(売却) が可能となっています。
現行モデルはもちろん、旧モデルやヴィンテージモデル、アンティークモデルまで。すべてのモデルにおいて高額の価値があるブランドは、ロレックスの他にはないでしょう。
特にデイトナやサブマリーナ、GMTマスター2、エクスプローラー1、エクスプローラー2などのステンレススチール製スポーツウォッチは、近年世界的に需要が急増しており、中古品の販売価格が新品定価を上回るケースもあるほど高騰状態です。
それと連動して、買取価格も高値水準となっていますが、ロレックスの買取価格は、円相場や金相場、そのタイミングでの需要と供給のバランス、買取店の形態などによって、細かい変動を繰り返していることも事実です。
ロレックス買取応援団では、日々変動するロレックスの買取市場について、人気の高い現行スポーツモデルから、旧世代のドレスモデル、金無垢ロレックスに至るまで、200以上のモデルの買取価格を継続的に調査を行なっています。
また、全国の買取店やブランド買取に関連するサービスについても、積極的に調査を行なっております。
ロレックスの買取相場調査や売るタイミングの判断、買取店の選定などにぜひお役立てください。