型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

2019.07.24

ロレックス デイトジャスト41 Ref.126303 とは|特徴・スペック・価格など

ロレックス デイトジャスト41 Ref.126303 のモデル詳細情報です。ロレックス・デイトジャスト41は、2016年に登場した現行モデル。イエローゴールドとステンレスのコンビ素材を用いた、ドレスウォッチです。シンプルな文字盤デザインながら、41mm径という迫力あるフェイスサイズが特徴です。

目次

 

ロレックス デイトジャスト41 Ref.126303(製造年、基本スペックなど)

  • 製造年:  2016年~
  • ムーブメント: Cal.3235
  • 防水性能:100m
  • ケース径:41mm径×12mm厚
  • ケース素材:ステンレス+イエローゴールド
  • ブレス素材:ステンレス+イエローゴールド
  • 風防:サファイアクリスタル
  • ベゼルタイプ:ポリッシュベゼル
  • パワーリザーブ:70時間

デイトジャストの正式名称は、オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト。そのモデル名の通り、ロレックスの3大発明であるオイスターケース、パーペチュアル機構、デイトジャスト機構すべてを備えたスタンダードモデルです。

Ref.126303には、新たに70時間にまで延長されたパワーリザーブを有するcal.3235が搭載され、実用性が大幅に向上しています。リューズでの操作は、日付のクイックチェンジと、長針の調整が可能です。

24時位置で瞬時に日付が切り替わるのが、デイトジャスト機構です。風防素材にはサファイアクリスタルが使用されており、日付の表示部分は虫眼鏡のように拡大して表示されるようになっています。

41mmになり風格が増した、イエローゴールドコンビモデル

フェイス面、この個体は、ブラック文字盤・バーインデックスという組み合わせですが、文字盤カラーだけで4色の展開があり(2019年5月現在)、インデックスもバー以外にローマ数字とダイヤモンドがあります。

インデックスの縁取り部分と12時位置の王冠にも18KGが使用されており、視認性を保ちながらも、華やかに仕上げられています。金は変色しにくいので、長く使えるという利点もありますね。

コンビ素材デイトジャストでは、フルーテッドと呼ばれるギザギザしたベゼルを用いているものがスタンダードですが、こちらはギザギザのないスムースタイプのベゼルを使用しています。

外装面は、ポリッシュ仕上げのSS製オイスターケースに、18Kイエローゴールドのポリッシュ仕上げスムースベゼルの組み合わせです。カッティングが入ったフルーテッドベゼルよりも、丸くて柔らかい印象です。

デイトジャストのメンズモデルに41mmが加わったのは、ほんの10年ほど前。2008年まで36mm径のみの展開だったのですが、41mmが登場したことで、リストサイズが太めな方でも、満足できる時計になったのではないでしょうか。

パーティーシーンを彩る王道のドレスモデル

ブレスレットはオイスターとジュビリーの2タイプがあります。バックルはシングルロック。片手でも操作しやすい構造です。オイスターブレスの場合、バックルの裏面には、イージーリンクという機能が付いており、工具無しでブレスを5mm延長することができます。

イエローゴールドはブラックジャケットとの相性がいいので、パーティーシーンなど、いつもよりかっこよくキメたい時にも活躍してくれると思います。スムースベゼル仕様であまり光を反射しない控えめで落ち着いた雰囲気ながらも、イエローゴールドというカラーは、華やかさを演出してくれます。

ケースの最大幅部分からブレスレットにかけての流線的なデザイン、すごく綺麗ですよね。ケース径の大きさは、数字だけでなく全体のバランスで見てみることをおすすめします。

デイトジャスト41 Ref.126303 の買取価格

デイトジャスト41 Ref.126303 の買取価格については、下記の記事よりご確認ください。
→ 126303を売るなら|買取店別 ロレックス デイトジャスト YGコンビ 査定価格を比較

合わせて読みたい記事

デイトジャストを売る前に
→ 【デイトジャスト買取ガイド】ロレックス デイトジャストを本気で売ろうと思った時に読むガイド