型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

2019.06.24

ロレックス デイトナ Ref.116500LN ホワイト とは|特徴・スペック・価格など

ロレックス デイトナ Ref.116500LN ホワイトのモデル詳細情報です。2016年に登場した最新作。文字盤カラーはブラックとホワイトがありますが、今回はホワイトを紹介していきます。

目次

 

ロレックス デイトナ Ref.116500LN(製造年、基本スペックなど)

  • 製造年: 2016年~
  • ムーブメント:  Cal.4130
  • 防水性能:100m
  • ケース径:40mm径×12.5mm厚
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ブレス素材:ステンレススチール
  • 風防:サファイアクリスタル
  • ベゼルタイプ:セラミック製タキメーターベゼル
  • パワーリザーブ: 72時間
  • 新品重量:約145g

リューズ操作方法:
ケースサイド真ん中にあるリューズでは、ゼンマイの巻き上げと時刻調整を行うことができます。自動巻きムーブメントなので、普段着用している方なら手でゼンマイを巻く必要はありません。一度巻き上げてしまえば、パワーリザーブが72時間と長いため、なかなか手巻きが必要になることはないと思います。

クロノグラフ操作方法:
リューズの上下にある2つのボタン、これがクロノグラフのスイッチになります。ねじでロックされていますので、使用する際には回してロックを解除してから使用します。これで上のボタンを押すとクロノグラフが作動して、もう一度上のボタンを押すとストップ。下のボタンでリセットというように使用します。

キング・オブ・クロノグラフと称される、最高級スポーツモデル

最新作のデイトナRef.116500、前作から大きく変更されたのはベゼルです。前作ステンレススチール製だったものが、セラミック素材に変更されました。

その他の外装面ですが、ケース、リューズ、プッシャー、フラッシュフィットなど、肉眼で見た限りでは違いは見つかりませんね。ブレスレットも引き続きポリッシュ仕上げの中コマを、サテン仕上げの外コマで挟んだデザインになっています。もちろん無垢材なので、経年による伸びは生じにくく、非常に丈夫です。

バックル部分ですが、中板が長く、内部もポリッシュ仕上げなので、前作最終年式のものと同じものと思われます。

5mmのサイズチェンジが可能なイージーリンク機能も付いています。2011年以降のブレスレットは、6時側の調整コマが増えたことで、腕が細い人でも着用できるよう配慮されています。

ビジネスシーンでも存在感を発揮するホワイト文字盤

かなりスポーティーなデザインになってしまったので、スーツにはいかがなものかと思いましたが、着けてみるとさすがデイトナ!でした。昔からセレブの愛用者が多いモデルなので、どんなスタイルにも合うよう、抜かりなくデザインされていますね。

デイトナ Ref.116500LN の買取価格

デイトナ Ref.116500LN の買取価格については、下記の記事よりご確認ください。
→ 116500LN-whiteを売るなら|買取店別ロレックス デイトナ査定価格を比較

合わせて読みたい記事

デイトナって定価で買えるの?
→ デイトナ定価|モデル別一覧と正規店で買う方法【ROLEX DAYTONA】 

デイトナ全モデルの買取価格
→ ロレックス デイトナの買取相場が分かる|モデル・Ref・地域別で買取店の実績を比較