型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

2019.09.04

ロレックス GMTマスター2 Ref.126711CHNR とは|特徴・スペック・価格など

ロレックス GMTマスター2 Ref.126711CHNR のモデル詳細情報です。2018年のバーゼルワールドで発表された新ムーブメント搭載の新型GMTマスター2。

エバーローズゴールドとステンレススチールのコンビネーション素材・エバーローズロレゾールを用いた、エレガントな一本です。GMTマスターシリーズでは、過去一度もエバーローズゴールドが使われたことがなく、登場時には大きな話題になりました。

ベゼルカラーも初めてとなるブラックとブラウンの2トーンを採用しています。

目次

ロレックス GMTマスター2 Ref.126711CHNR(製造年、基本スペックなど)

  • 製造年: 2018年~
  • ムーブメント: Cal.3285
  • 防水性能:100m
  • ケース径:40mm径
  • ケース素材:ステンレススチール・ローズゴールド
  • ブレス素材:ステンレススチール・ローズゴールド
  • 風防:サファイアクリスタル
  • ベゼルタイプ:両方向回転ベゼル
  • パワーリザーブ:70時間

Ref. 126711CHNRには、ロレックスが開発した新型ムーブメントcal.3285が搭載され、前作まで48時間だったパワーリザーブが70時間にまで延長。さらに耐震装置も最新のものに変更され、実用性が大きく向上しました。

前作より機能としての変更点はなく、短針のみで単独で動かすことが出来る構造が引き継がれています。日付のクイックチェンジはありませんので、この機能を用いて日付を調整します。

長針と連動して動くGMT、単独で動かせる短針、そして両方向回転ベゼルの組み合わせで、3つの時間帯を読むことが可能です。

大きなインデックスと、太い針。ベゼルの数字も大きく読みやすい仕様です。スタイルと機能性を追求し続けるロレックスの魅力。存分に感じられるモデルですね。

華やかなエバーローズゴールドコンビのGMT

リューズは、ステンレスのケースでしっかりとガードされており、スポーツシーンでの使用も安心。リューズガードを除いたケース径は40mmです。

スクリューロック式の裏蓋で、防水性能は100m確保されています。ダイバーズウォッチではありませんが、10気圧防水ではなく『100m防水』と表記をしている点、ロレックスのこだわりを感じますね。

ベゼルインサートはセラミック製。このベゼルカラーから、ルートビアという愛称でも呼ばれています。2018年は、オールエバーローズゴールドモデルも同時にリリースされていますが、文字盤カラーとベゼルカラーは、このモデルと同じ仕様です。

ラグ部分も厚く丈夫に作られており、なおかつ丁寧な表面仕上げが施されています。スタイルと機能性の追求。ここにも感じることが出来ます。

ブレスレットの仕上げも丁寧で、中コマがポリッシュ仕上げ、外コマはサテン仕上げに。立体感のある作りになっています。バックルはダブルロック。工具無しで5mmの調整が可能なイージーリンクエクステンションも装備しています。

ビジネスシーンでも使いやすいヴィンテージデザイン

コンビ素材なので、業種や相手次第ではビジネスの場でも使える機会があるかと思います。フェイスに黒と茶が使われているので、バッグや靴との合わせは、黒系茶系、どちらでも合わせやすいデザインです。

ヴィンテージ感を感じるカラーリングでもあるので、ジャケットの柄や素材との組み合わせでも遊んでみたいですね!

また、エバーローズゴールドには、いつまでも輝きを絶やさないという意味も込められています。年を重ねてもチャレンジを続ける方に、ぜひおすすめしたいモデルです。

エバーローズロレゾールを使用したスポーツモデルは、これまでヨットマスターとヨットマスター2のみでしたが、このGMTマスター2登場で、今後デイトナやサブマリーナへの展開にも期待が持てますね!

GMTマスター2 Ref.126711CHNR の買取価格

GMTマスター2 Ref.126711CHNR の買取価格については、下記の記事よりご確認ください。
→ 126711CHNRを売るなら|買取店別ロレックス GMTマスター2査定価格を比較

合わせて読みたい記事

ロレックスの販売価格まとめ
→ ロレックス GMTマスターの買取相場が分かる|モデル・Ref・地域別で買取店の実績を比較