型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス買取査定バナー90


お祝い金バナー90


高価買取のコツバナー90


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本バナー90

2019.07.01

ロレックス シードゥエラーディープシー Ref.126660 とは|特徴・スペック・価格など

ロレックス シードゥエラーディープシー Ref.126660 のモデル詳細情報です。2018年のバーゼルワールドで発表された、最新モデルです。サブマリーナの上位機種にあたるプロフェッショナルダイバーズであり、ディープシーはシードゥエラーよりさらに上位機種という位置づけとなります。

目次

 

ロレックス シードゥエラーディープシー Ref.126660(製造年、基本スペックなど)

  • 製造年:  2018年~
  • ムーブメント:  Cal.3235
  • 防水性能: 3,900m
  • ケース径: 44mm径×18.1mm厚
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ブレス素材:ステンレススチール
  • 風防:サファイアクリスタル
  • ベゼルタイプ:セラミック製逆回転防止ベゼル
  • パワーリザーブ: 70時間
  • 新品重量:221g

今回のモデルチェンジですが、一見しただけではどこが変わったかわからないレベルでのモデルチェンジなのですが、実は結構秀逸な改善が行われていますので、その点は動画にて詳細を紹介致します。

サブマリーナは300m防水。シードゥエラーは1,220m防水。そしてディープシーは3,900m防水となっています。

もともとがマリアナ海溝最深部を目指したプロジェクトから生まれたモデルで、1967年にシードゥエラーの最初のモデルref.1665が登場し、そこから約40年経って2008年にディープシーが登場したという系譜になります。

3,900m防水のプロスペックダイバーズ

なので、割と完成された状態で商品になっているので、2018年モデルチェンジ、といってもそんなに大きな変更点がないというのは納得できます。

じゃあ一体どこが変わったのかといえば、見た目の大きなポイントはブレスレットです。コマが太くなり、わずかですが重くなっています。

ディープシーは本体部分が大きいので、どうしても重心が頭寄りになってしまいます。今回ブレスレットが太くなったことで、重心的にもバランスが取れて、着用感が改善されています。

あとはラグの部分が前作より収まり良くきれいに仕上げられています。この部分はモデルによってさまざまな形状をしてるのですが、旧型のデイトナと比べてみても、かなりきれいに収まっているのがわかると思います。

それと、文字盤6時位置のswiss madeのところ、swissとmadeの間に王冠が入りましたが、ここはさほど気にならないポイントですね。

より存在感を放つダイバーズモデルに

続いて中身の機械の変更点。cal.3235というムーブメントを新しく搭載するようになったのですが、パワーリザーブが旧作のcal.3135から大幅にアップして、48時間から70時間にまで延長されています。

ディープシーは独特の形状といいますか、他のロレックスにはない圧倒的な存在感、とにかく潜るぞ!という気概を感じるモデルですね。

ケースサイズは直系44mmに厚みが18mm。サファイアクリスタルの風防は厚さなんと5.5mmあります。ですが、横から見ると数値ほどの厚みを感じません。これなら日常でも十分使えるなというサイズ感です。裏蓋はチタン製です。

あとはダイバーズ特有の仕様。ブレスレットが工具無しでサイズ変更可能。ウェットスーツやグローブの上からでもつけられるようになっています。

シードゥエラーディープシー Ref.126660 の買取価格

シードゥエラーディープシー Ref.126660 の査定価格については、下記の記事よりご確認ください。
→ 126660を売るなら|買取店別ロレックス ディープシー査定価格を比較(2019年6月)

合わせて読みたい記事

シードゥエラーディープシーの新型と旧型を比較
→ ロレックス新型ディープシー126660と旧型116660の違いを比較