2020.01.10

ロレックス ターノグラフ 買取相場 2019年12月版 |ブランド時計の価格情報

※この記事はウォッチ買取応援団としてYoutubeにアップした動画、「3年で1.5倍!ターノグラフ の買取相場(2019年12月) |ロレックスの価格情報」の書き起こしです。

ブランド時計を売却する際、気になる買取相場。本日は、ロレックス デイトジャスト ターノグラフ について、買取価格を見ていたいと思います。

目次

今回お伝えするのは3モデル。すべて2013年に廃盤となったモデルです。

ところで、ターノグラフってなに?という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に紹介しておきます。ターノグラフは、70年代にデイトジャストからの派生モデルとして販売されていたサンダーバードの後継シリーズです。

デイトジャストとの違いは、回転ベゼルを装備しているということと、秒針が赤いこと。スポーツモデルの顔をした、ドレスモデル。ロレックスでは珍しい、遊び心あるシリーズです。

さて、この動画では相場を俯瞰するために3つのデータに触れていきます。価格コムより未使用在庫品(デッドストック)の販売価格、楽天より中古の販売価格、そして買取応援団より買取相場。この3つをご紹介いたします。

Ref.116264ターノグラフ(WGベゼル)の買取相場

まずは、ホワイトゴールドベゼルのモデルRef.116264価格コムへの掲載はなかったので、楽天の中古価格からみていきます。

Ref.116264ターノグラフ(WGベゼル)の中古販売価格

現在の中古販売相場は、¥598,000~¥804,800。文字盤カラー3色ありますが、それによる明確な価格差はありません。価格推移、3年前と比較して20万円以上、値上がりしていました。

Ref.116264ターノグラフ(WGベゼル)の買取価格

続いて、弊社独自調査の買取価格はこちら。オレンジが最高値、ブルーが最安値、グレーがその中点です。

現在の買取相場は、¥313,000~¥670,000。換金率は中古販売の最高値から算出。38.9% ~ 83.3%です。

価格推移ですが、前回の調査は2年半前。その時は、最高値でも40万円台前半でしたから、20万円以上の大幅アップですね。反対に最安値の方が下がっているのは、個体差によるもの。今回の調査では、状態が良くない個体の買取実績があったため、それが繁栄されたグラフになっています。

Ref.116263 ターノグラフ(YGコンビ)の買取相場

続いて、イエローゴールドコンビモデル。まずは価格コム掲載の未使用在庫品価格から。

Ref.116263 ターノグラフ(YGコンビ)の新品販売価格

現在の未使用実勢価格は、一本のみの掲載で¥1,368,800です。廃盤から6年以上経った今、まだ未使用品があることに驚きですね。現役時の定価は¥961,200のモデルですが、さすがに希少価値が高くなっています。

Ref.116263 ターノグラフ(YGコンビ)の中古販売価格

続いて中古の販売価格。現在の中古販売相場は、¥797,140~¥898,000。価格推移、3年前と比べて約10万円の値上がり。先ほどのホワイトゴールドベゼルモデルほどではありませんが、価格は大きく上昇していました。

ちなみに、このモデルには日本限定グリーン針仕様のレアピースが存在し、今お伝えした相場はそれを除いたものになります。日本限定品の相場はお高めで、状態にもよりますが130万円~170万円くらいです。

Ref.116263 ターノグラフ(YGコンビ)の買取価格

続いて、買取価格。現在の買取価格は、¥510,000 ~ ¥650,000。中古販売最高値からの換金率は、56.8% ~ 72.3%です。価格推移、前回2017年5月の調査時から、約10万円の値上がりです。

Ref.116261 ターノグラフ(RGコンビ)の買取相場

続いて、エバーローズゴールドコンビモデル。まずは価格コム掲載の未使用在庫品価格から。

Ref.116261 ターノグラフ(RGコンビ)の新品販売価格

現在の未使用実勢価格は、一本のみの掲載で¥1,299,900です。現役時代の定価は¥972,000。先ほどのイエローゴールドコンビ同様、かなりプレミア化しております。

Ref.116261 ターノグラフ(RGコンビ)の中古販売価格

続いて中古の販売価格。現在の相場は、¥847,000~¥1,100,000。100万円を超えている個体が3本あり、どれも美品。使用感なく、付属品も完備というものでした。

Ref.116261 ターノグラフ(RGコンビ)の買取価格

続いて、買取価格。現在の買取相場は、¥458,000~¥700,000。中古販売最高値からの換金率は、41.6% ~ 63.6%です。価格推移、前回2年半前の調査時から、最高値で20万円、最安値で4万円の値上がりでした。

総評|なぜ値上がりしているのか?

さて、ターノグラフ3本。販売価格と買取価格を見てきました。どのモデルも前回調査が2年半とか3年前のものでしたが、どれも値上がりしていましたね。ここ数年で人気が上昇していることが分かります。

気になって、デイトジャスト本体の方の買取価格、見直してみたんですが、例えばこちらのイエローゴールドコンビ。2017年3月から2019年9月までの間で、最高値は25万円の値上がり。

エバーローズゴールドコンビはというと、2017年5月から2019年2月の間で、23万円値上がりしていました。同じくらいの期間で、同じくらいの値上がり幅。ターノグラフの値動きは、デイトジャスト本体と同じような動き方をしていると判断して良さそうですね。

ではなぜ値上がりしているのか、ということなんですが。近年、ロレックスの価格は、スポーツモデルを中心に大きく値上がりしておりまして、その流れに吊られているものと思います。

下記は、人気のスポーツモデル サブマリーナデイト Ref.116610LNの買取価格推移グラフです。2017年3月から2019年9月の期間で、最高値はなんと2倍に。当然、中古の販売価格も上昇しますから、購入予算が合わなくなる人が出始める。じゃあ、予算を変えずに買えるロレックスってなんだ?と。

人気モデルが買えなくなってしまったことで、次の候補、その次の候補という具合で探していったところ、ターノグラフ!面白いのがあるじゃん!みたいな感じで、ターノグラフの存在を知った方、意外と多い気がしております。

まとめ

以上3モデル、ロレックス ターノグラフ の買取相場について、2019年12月のデータにて、お届けしました。

通好みな廃盤モデルなので、あまり短期間で相場が動くことはありません。今後も2年3年という長いレンジで、調査を続けていきたいと思います。