型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス高価買取のご依頼はこちら


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本

2017.03.24

2017年新型シードゥエラー126600発表!43mmビックサイズの赤シード

更新
ロレックス 新型シードゥエラー 126600

2017年バーゼルワールドで発表された新型シードゥエラーRef.126600。50周年記念モデルということで、すでにプレミアムな匂いを漂わせています。前作からの変更点をざっくりまとめてみましょう。

43mmにサイズアップしたオイスターケース

前作のシードゥエラー4000 Ref.116600 はケースサイズ40mmでしたが、新作のシードゥエラー Ref.126600 は2mmアップの43mmに変更されました。

この変更は単にディテールの変更というわけではなく、ムーブメントの変更に合わせたサイズアップとなります。ムーブメントについての情報は後述します。

43mmというと、ディープシーとほぼ同等のサイズです。前作から3mmアップのこのサイズは意見が分かれそうなポイントですね。大ぶりなサイズ感は世界的なトレンドなのでしょうか。

新キャリバー cal.3235 を搭載

前作に搭載されていたcal.3135から、新型はcal.3235に変更されています。このcal.3235は、パールマスターなどの上級機種からスタートし、昨年よりデイトジャストに採用。そして今回ようやくスポーツモデルに搭載という流れになります。

大きなポイントとしては、耐磁性の高さと、エネルギー効率の良さです。金属素材にニッケルリン合金製で磁場の影響を受けにくくしており、さらに新型のクロナジーエスケープメントの採用により、パワーリザーブを伸ばすことに成功しています。cal.3135のパワーリザーブが48時間だったのに対し、新型cal.3235のパワーリザーブは70時間まで伸びています。

ゼンマイはもちろんブルーパラクロムヘアスプリングを使用しています。

シードゥエラー Ref.126600 その他の仕様とスペックまとめ

ブレスレットのクラスプ部分の仕様変更もあり、セーフティキャッチなる機能が付いているそうです。こちらも含め、あとは実物を見ないとわからない変更点がたくさんありそうですね。

ちなみに文字盤の SEA DWELLER の文字は赤字。激レアモデル『赤シード』を思い起こさせる変更ポイントです。

新型シードゥエラーのスペックをまとめると以下の通りとなります。

ロレックス シードゥエラー Ref.126600
素材:904Lステンレススチール
ケースサイズ:43mm
ベゼル:セラクロム
風防:サファイアクリスタル
防水性能:1,220m
リューズ:トリプロックリューズ
ムーブメント:cal.3235
パワーリザーブ:72時間
夜光:クロマライト

新型シードゥエラー 気になる販売価格は

あと気になるのは価格ですね。日本定価が発表され次第追って報告しますが、前作の定価106万9,200円は上回ってくると思うので、110万円〜120万円くらいが予想値といったところでしょうか。

実際は定価よりも高値で取引されることになりますから、実勢価格は120万円〜140万円くらいが目安です。ただし、ディープシーDブルーのように初動で品薄状態が続けば、150万円を超えることも十分ありえます。

こちらも追ってレポートしていきますので、乞うご期待。

2017年新作ゴールドデイトナの情報はこちら
→ 2017年新作|ロレックスゴールドデイトナにラバーベルトが追加

2017年新作スカイドゥエラーの情報はこちら
→ 2017年新作ロレックス|スカイドゥエラーにコンビモデルが追加

ソース:ロレックス公式ホームページより