型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス高価買取のご依頼はこちら


お祝い金バナー4


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本

2018.04.16

ジワリ上昇中!売るなら今か? ROLEXミルガウス 116400GV Zブルー 買取価格まとめ

ロレックス買取ミルガウス116400gv Zブルー

ロレックス(ROLEX) ミルガウス Ref.116400GV Zブルー(Zブルー文字盤) の売却価格を調査しました(最終更新:2018年4月)。

ミルガウス Ref.116400GV は耐磁性能の高いメンズモデルで、ロレックスのモデル中唯一のグリーンサファイアクリスタル風防を装備したモデルです。Zブルーは、2014年に発売された追加カラーとなります。

買取相場(想定査定金額)は、¥515,000 〜 ¥780,000となります。

目次

ミルガウス Ref.116400GV Zブルー とは

売る前にまず確認したいのが、売りたいロレックスの「リファレンス(レファレンス)ナンバー」です。

リファレンスナンバーについて

時計の買取では、レフ番(型番・Ref.)とも呼ばれるリファレンスナンバーごとに買取相場が分かれています。

現行モデルであれば基本的には6桁の数字(Ref.126300など)で表記されます。モデルによっては素材やバリエーションを示すため、末尾に英字が連なる形のものもあります(Ref.116500LNなど)。

参考記事:ロレックスの【マメ知識】リファレンスナンバー(Ref.)の読み方

ミルガウス Ref.116400GV Zブルー の基本スペック

  • 製造年:2014年〜現在
  • ムーブメント:cal.3131(耐磁シールド付き)
  • 防水性能:100m
  • ケース径:40mm径×13mm厚
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ブレス素材:ステンレススチール
  • ベゼル素材:ステンレススチール
  • インデックス:バー
  • 文字盤カラー:Zブルー
  • 風防:グリーンサファイアクリスタル
  • ブレスタイプ:オイスター(中央ポリッシュタイプ)
  • ベゼルタイプ:スムース
  • パワーリザーブ:48時間
  • 新品重量:155g

ミルガウス Ref.116400GV Zブルー について

ロレックス・ミルガウス Ref.116400GV は、2007年に登場したミルガウス最新モデルです。

アニバーサリーモデルとして、ロレックスでは初となるグリーンサファイアクリスタルを風防素材に使用。

2007年時点ではブラック文字盤のみの展開でしたが、2014年には新色となるZブルーが追加発売されました。

ミルガウスには耐磁シールド付きのムーブメントが装備しており、1,000ガウスもの磁力に耐えることができます。

詳細解説:ロレックスとは/ミルガウスとは

Ref.116400GV Zブルー以外のミルガウスの査定相場は、以下のリンクにてご覧いただけます。

同モデルの色違いはこちら
ロレックス ミルガウス GV ブラック文字盤の買取価格まとめ

参考(カテゴリーページ):
ミルガウス買取

【15社で比較】ミルガウス Ref.116400GV Zブルー の最新買取(査定)相場

ロレックス ミルガウス Ref.116400GV Zブルー の最新買い取り相場の詳細は以下となります(2018年4月時点)。

買取価格の詳細

Web検索上位の主要買取店にて、直近1年間の査定価格を調査しました(2018年4月時点)。対象となった買取店のうち、12社のWebサイトで買取金額の提示を確認できました。

カドノ質店 ¥620,000 〜 ¥712,000
質屋さんドットコム 要問い合わせ
jrs ¥520,000 〜 ¥720,000
ピアゾ 〜 ¥615,000  
ジャックロード ¥610,000 〜 ¥671,500  
GMT 〜 ¥680,000  
カイトリマン 〜 ¥630,000
なんぼや 〜 ¥650,000
宝石広場 〜 ¥780,000
買取エージェント 〜 ¥640,000  
クオーク 〜 ¥650,000  
ヒカカク ¥515,000 〜 ¥715,600
ウリドキ 要問い合わせ
かめ吉 〜 ¥650,000  
ロレックスファン 要問い合わせ

※表が長い場合、右スクロールすると続きが見られます。

このほか業者間での流通実績も調査を実施。直近1年で複数本、¥550,000〜¥650,000での流通実績が確認できました。

【過去相場と比較】ミルガウス Ref.116400GV Zブルー の買取相場推移

ミルガウスゴールド革ベルト Ref.116400GV Zブルー の買取価格調査は、今回で7回目となります。前回は2017年10月に調査を行なっております。

▼買取相場推移

116400GV_Z_買取価格推移20180416

調査時期 最安値 最高値
2018年4月 ¥515,000 ¥780,000
2017年10月 ¥570,000 ¥630,000
2017年5月 ¥550,000 ¥608,500
2017年1月 ¥500,000 ¥580,000
2016年11月 ¥500,000 ¥550,000
2016年7月 ¥520,000 ¥566,000
2016年5月 ¥525,000 ¥590,000

※表が長い場合、右スクロールすると続きが見られます。

買取価格の最高値は、新品状態の場合ですので、通常使用のユーズド品であれば¥650,000くらいまでが現実的に目指せる価格となります。(2018年4月時点)

過去相場よりも価格の上下差が開いている点、ロレックスの世界的な高騰により、新品に近い状態の個体に対する値付けが高額になったことがわかります。また、それとは逆に状態がよくないものに対しての値付けが厳しくなったことも読み取れます。

後述の新品価格最高値が¥909,500ですので、リセールバリューは56.6〜85.8%となります。

▼販売相場推移(新品)

116400GV_Z_販売推移20180416

調査時期 最安値 最高値
2018年4月 ¥837,980 ¥909,500
2017年12月 ¥800,000 データなし
2017年7月 ¥712,000 データなし
2016年12月 ¥650,000 データなし
2016年6月 ¥696,980 データなし
2015年12月 ¥772,000 ¥828,000

※表が長い場合、右スクロールすると続きが見られます。

新品価格の調査は今回で6回目ですが、最安値のみの継続調査しております。

2016年後半に為替相場が大きく円高になったタイミングに、ミルガウスの販売価格も最安値を記録。その後は次第に上昇し、現在の最安値は80万円を突破しています。

2014年発売当初の高騰時期を除くと、過去最高の価格となっています。

国内参考定価は¥842,400です。

▼販売価格推移(中古)

調査時期 最安値 最高値
2018年4月 ¥758,000 ¥874,000

※表が長い場合、右スクロールすると続きが見られます。

ユーズド価格の記録は、今回が初となります。

発売からまだ4年ほどの新しいモデルであるため、中古品でのお買い得感は薄い状況です。

販売価格の詳細

販売は価格コム・Rakuten・ヤフオク・メルカリ・KANTEを調査。

新品中古ともに豊富な流通量があり、新品は価格コムにて10点以上、ユーズドはRakutenにて10点以上がそれぞれ確認できました。比較的新しいモデルであるため、ユーズド品の個体の状態は良いものが多かったです。

メルカリやヤフオクでも数点の流通が確認できました。

【高く売るには】買取相場/売値まとめ

ロレックス(ROLEX)のミルガウス Ref.116400GV Zブルー の買取相場は、¥515,000 〜 ¥780,000となります(2018年4月調べ)。

新品価格の最高値および、状態がよい個体の買取価格は過去最高となっていました。

売却の際は、個体による価格差が大きく出ている状態ですので、実際にいくらで売れるのか、本査定に進んでみないとハッキリとした価格はわかりません。

また、ロレックスの時計は円相場の影響で日々相場が変動するという特性もあるため、リアルタイムでの査定額は当サイトのweb査定をお気軽にご利用くださいませ。

参考|ロレックスのモデル解説

誰もが知る高級腕時計ブランドROLEX(ロレックス)。そのモデル解説になります。

ロレックスとは

ロレックス(Rolex)は、誰もが憧れる世界的に認知度が高い高級腕時計ブランドです。中古市場においても圧倒的な人気を誇りその換金率は他のブランドの水準を大きく上回ります。

その発足は1908年(前進となる企業は1905年発足)。創業より一貫して実用性に特化した時計づくりを行っており、現代の腕時計技術の礎となる3大発明『デイトジャスト機構』『パーペチュアル機構』『オイスターケース』を生み出したメーカーとしても有名です。

そのほか、世界で初めてクロノメーター認証を取得したり、世界初のダイバーズウォッチを発売したりと、数々の偉大な歴史を持っています。

ミルガウスとは

ロレックス・ミルガウスの登場は1956年頃。当時の発電所職員や放射線技師などのプロフェッショナルワーカー向けに、耐磁性というコンセプトのもと作られました。

1988年には一時的にラインナップから姿を消すことになりますが、復活を望む声に押され、2007年に復活を遂げました。

ミルガウスの名称の由来は、フランス語で1,000を意味する『ミル』と、磁束の単位である『ガウス』からの造語となります。