型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス高価買取のご依頼はこちら


お祝い金バナー4


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本

2018.03.13

ロレックスROLEX買取相場まとめ|オイスターパーペチュアル36 Ref.116000

更新
ロレックス買取オイスターパーペチュアル116000

ロレックス(ROLEX) オイスターパーペチュアル Ref.116000 の売却価格を調査しました(最終更新:2018年3月)。

Ref.116000 の買取相場(想定査定金額)は、¥205,000 〜 ¥453,820となります。

ステンレススチール製のスタンダードな36mmケース3針ウォッチで、文字盤カラーバリエーションが豊富なメンズモデルです。

高く売るためのコツなどもまとめましたので、ロレックス売却の際にはぜひ参考にしてみてください。

目次

オイスターパーペチュアル36 Ref.116000 とは

売る前にまず確認したいのが、売りたいロレックスの「リファレンス(レファレンス)ナンバー」です。

リファレンスンンバーについて

時計の買取では、レフ番(型番・Ref.)とも呼ばれるリファレンスナンバーごとに買取相場が分かれています。

現行モデルであれば基本的には6桁の数字(Ref.126300など)で表記されます。モデルによっては素材やバリエーションを示すため、末尾に英字が連なる形のものもあります(Ref.116500LNなど)。

参考記事:ロレックスの【マメ知識】リファレンスナンバー(Ref.)の読み方

オイスターパーペチュアル Ref.116000 の基本スペック

製造年:2008年〜現在
ムーブメント:cal.3130
防水性能:100m
風防素材:サファイアクリスタル
ケース素材:ステンレススチール
ベゼルタイプ:ドーム型ポリッシュ
インデックス:バー、369
ケースサイズ:36mm径×12mm厚

オイスターパーペチュアル Ref.116000 について

ムーブメントはクロノメーター認証を受けているcal.3130を搭載。3針のシンプルな構造ながら、文字盤カラーの展開が多く、選ぶのが楽しいモデルでもあります。

ベゼルの仕様は、ドームタイプのポリッシュ素材。やや厚みを感じるふっくらとしたデザインで、つけ心地抜群です。

詳細解説:ロレックスとは/オイスターパーペチュアルとは

Ref.116000以外のオイスターパーペチュアルの査定相場は、以下のカテゴリーにてご覧いただけます。

参考(カテゴリーページ):
オイスターパーペチュアル買取

【今いくら?】オイスターパーペチュアル Ref.116000 の最新買取(査定)相場

ロレックス オイスターパーペチュアル Ref.116000 の最新買い取り相場の詳細は以下となります(2018年3月時点)。

買取価格の詳細

Web検索上位の主要買取店にて、直近1年間の査定価格を調査しました(2018年3月時点)。対象となった買取店のうち、8店のWebサイトで買取金額の提示を確認できました。

カドノ質店 ¥275,000 〜 ¥357,000
質屋さんドットコム 記載無し
jrs ¥205,000 〜 ¥380,000
ピアゾ ¥340,000
ジャックロード 記載無し
GMT ¥310,000
カイトリマン ¥350,000
なんぼや ¥320,000
宝石広場 記載無し
クオーク ¥350,000
ヒカカク ¥350,000 〜 ¥453,820
ウリドキ 記載無し

このほか業者間での流通実績も調査を実施。直近1年間では20本ほど、¥280,000 〜 ¥370,000の価格にて流通を確認できました。

【今後の価格予想】オイスターパーペチュアル Ref.116000 の買取相場推移

オイスターパーペチュアル Ref.116000 の買取価格調査は、今回で3回目となります。前回は2017年8月、前々回は2016年10月に調査を行なっております。

Ref.116000は、基本的にはSS製人気スポーツモデルのような需要過多による価格変動がなく、安定した買取相場を保っています。

為替による影響は多少受けるものの、元の価格がロレックスの時計の中では比較的安価であることから、気にならない程度の変動にとどまります。

▼買取相場

ロレックス116000価格推移20180314

調査時期 最安値 最高値
2018年3月 ¥205,000 ¥453,820
2017年8月 ¥230,000 ¥380,000
2016年10月 ¥250,000 ¥350,000

※表が長い場合、右スクロールすると続きが見られます。

最高価格側を見る限り、過去7ヶ月では大きく上昇傾向です。普段値動きしにくいモデルですが、現在はロレックスのモデル全体が高騰しており、例に漏れずこちらも値上がりしている状態です。後述の販売価格を見てもその傾向は明らかになっています。

また、今回調査において上下の価格差が過去調査時より開いているのは、より使い込んだ中古個体と、新品または新品に近いランクの個体とで、値付けの差がハッキリしてきたものと考えられます。

▼販売相場(新品)

調査時期 最安値 最高値
2018年3月 ¥472,000 ¥518,000
2017年8月 ¥437,000 ¥477,000
2016年10月 ¥425,000 ¥470,000

※表が長い場合、右スクロールすると続きが見られます。

新品販売価格においても、買取価格同様に大きく上昇していました。

▼販売価格(中古)

調査時期 最安値 最高値
2018年3月 ¥398,000 ¥525,000
2016年10月 ¥360,000 ¥430,000

※表が長い場合、右スクロールすると続きが見られます。

中古販売価格においても、過去調査時より大きく上昇していました。

販売価格の詳細

販売はカカクコム・楽天・ヤフオク・メルカリを調査。新品で30本以上、ユーズドで20本以上の販売を確認できました。

文字盤カラーやインデックス仕様に偏りはありませんでした。

買取相場/売値まとめ

ロレックス(ROLEX)の36mmスタンダードモデル・オイスターパーペチュアルRef.116000 の買取相場は、¥205,000 〜 ¥453,820となります(2018年3月調べ)。

もともとは販売価格にお得感がありモデルですが、2107年夏以降はブランド全体の高騰により、販売価格も買取価格も上昇傾向です。

モデルの査定特性としては、買取店や査定士による価格差が生じにくく、1〜2万円程度の差しか見込めないため、売却時のオペレーションや接客の気持ち良さでお店選びを行いましょう。

お店選びの参考記事
ロレックス買取、基本の選択肢

参考|ロレックスのモデル解説

誰もが知る高級腕時計ブランドROLEX(ロレックス)。そのモデル解説になります。

ロレックスとは

ロレックス(Rolex)は、誰もが憧れる世界的に認知度が高い高級腕時計ブランドです。中古市場においても圧倒的な人気を誇りその換金率は他のブランドの水準を大きく上回ります。

その発足は1908年(前進となる企業は1905年発足)。創業より一貫して実用性に特化した時計づくりを行っており、現代の腕時計技術の礎となる3大発明『デイトジャスト機構』『パーペチュアル機構』『オイスターケース』を生み出したメーカーとしても有名です。

そのほか、世界で初めてクロノメーター認証を取得したり、世界初のダイバーズウォッチを発売したりと、数々の偉大な歴史を持っています。

オイスターパーペチュアルとは

1933年に登場したオイスターパーペチュアルは、ロレックスの3大発明のうち、防水性の高い【オイスターケース】と、ゼンマイを自動で巻き上げる【パーペチュアル機構】の2つを搭載した機械式腕時計です。

ロレックスはこのモデルの技術を基盤とし、後に人気スポーツモデルとなるエクスプローラーやサブマリーナーなどを開発しています。