型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス高価買取のご依頼はこちら


お祝い金バナー2


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本

2018.05.17

査定価格は?ROLEX オイスターパーペチュアル 3130 バブルバック 買取価格

ロレックス買取オイスターパーペチュアルバブルバック3130

ロレックスのアンティークモデル、オイスターパーペチュアル・バブルバック Ref.3130 の買取価格を調査しました。バブルバックは、1930年代から1955年頃までにかけて製造された自動巻ムーブメント搭載モデルです。

状態や素材によって価格が大きく変動するため、買取相場は『状態次第』となりますが、今回はアンティークウォッチショップの販売金額より、おおよその買取価格を推察していきたいと思います。

目次

  • ロレックス バブルバック Ref.3130 とは
  • 販売価格を調査|バブルバック Ref.3130 
  • 【推察】バブルバック Ref.3130 の買取価格
  • まとめ

ロレックス バブルバック Ref.3130 とは

1933年に世界初の完全防水自動巻腕時計を開発したロレックス。その後、1955年に渡るまで製造されたオイスターパーペチュアルの総称を『バブルバック』と呼びます。

バブルバックという名称の由来は、裏蓋の膨らみにありますが、これはパーペチュアルムーブメントの自動巻ローターを、防水性の高いオイスターケースに収める際、平らな裏蓋だと閉まらない…ということで膨らんでいる形状が採用されました。

現在は一部のアンティークウォッチショップでしか見ることが出来ない希少性の高いモデルとなりましたが、その特殊な形状にファンが多い人気モデルです。

Ref.3130は、32mm径の14KGケースを使用したモデルで、秒針がインダイヤルに表示されていることが特徴です。

また、アラビア、ローマン、バーなど、様々なインデックスバリエーションが楽しめることや、バブルバックの中では比較的流通量があり、購入ハードルが低めであることも魅力です。

オイスターパーペチュアル バブルバック Ref.3130 の基本スペック

製造年:1933年頃〜1955年頃
素材:14KG(イエローゴールド、ピンクゴールド)
ベゼル:スムース
ケースサイズ:32mm径
ムーブメント:cal.635(クロノメーター)など

Ref.3130のムーブメントはクロノメーター認証のものになります(古いものなので、当時の精度は期待できませんが)。

ステンレススチール製のものと14KGのものがあり、また文字盤もいくつかのパターンがありますが、中古市場への流通量が極端に少ないため、正確にいくつのパターンが存在するかは不明です。

【いくらで売ってる?】ロレックス バブルバック Ref.3130 の販売価格

ではまず、ロレックスバブルバックRef.3130の販売相場から調査してみようと思います。
(販売価格の調査対象は、世界市場の委託販売を扱うChrono24および、日本の楽天市場にて。)

▼販売価格

調査時期 最安値 最高値
2018年5月 ¥657,569 ¥1,844,884

Chrono24で4件、楽天市場で4件の販売がそれぞれ確認できました。

価格の上下幅が激しく開いていますので、下記に一例を抜粋します。

1、バブルバック Ref.3130 1946年頃
14Kピンクゴールドケース、社外レザーブレスレット、文字盤リダン
¥680,000 (ムーンフェイズ銀座店)

2、バブルバック Ref.3130 1932年頃
14KGイエローゴールドケース&ブレスレット 
14,000ユーロ = ¥1,844,884(イタリアの販売店)

【推察】ロレックス バブルバック Ref.3130 の買取価格はいくら?

続いて、買取価格です。

まずはいつも通り下記のロレックス買取店で買取実績を調査しました。

調査対象店舗:
カドノ質店、質屋さんドットコム、jrs、ピアゾ、ジャックロード、GMT、カイトリマン、なんぼや宝石広場、買取エージェント、クォーク、ヒカカク、ウリドキ、かめ吉、ロレックスファン、エコスタイル。

予想通りではありますが、過去一年で買取実績を掲載しておりお店はみつかりませんでした。

というわけで、他のモデルのリセールバリューなどから、バブルバックRef.3130 の買取価格を推察していこうと思います。

▼買取価格(推察値)

Ref.3130は今から約70年前のアンティーク・ロレックスですので、近しい年代のオイスターパーペチュアルのリセールバリューを当てはめて算出していきます。

・オイスターパーペチュアル Ref.6634
リセールバリューは 35%〜50%

・オイスターパーペチュアル Ref.6569
リセールバリューは 35%〜50%

上記2モデルは1950年代以降のオイスターパーペチュアルですが、仮にこの2モデルとcal.3130のリセールバリューが同じであるとした場合、買取価格は以下の通りとなります。

調査時期 最安値 最高値
2018年5月 ¥230,149 ¥922,442

また、バイヤー間取引の直近の流通価格を見てみると過去3年でわずか数本ですが、 ¥250,000 〜¥300,000 で落札されていました点も、上記相場とともにご参考まで。

ただし、上値側の金額はかなり希少なオール14KG製で、文字盤のリダンもない個体でした。そのためレザーブレスの場合は、下限相場に近い買取価格になると想定されます。

まとめ

ロレックス バブルバック Ref.3130 を売る際ですが、アンティークだからといって特別な方法はなく、売却までにやることは同じ流れ(付属品を揃え→買取相場を調べ→どこに売るかを決める)になります。

しかしながら、アンティークモデルは買取相場が不明確な場合が多く、いざ売る段では “手間なく簡単に現金化” というようにはいきません。

相場感が掴めるまで、数日かけて複数店舗で査定する覚悟は持っておきましょう。

当サイトでも無料のweb査定サービスがありますのでお気軽にご利用ください。

また、急いで現金化する必要がないという場合には、委託販売サービスの利用もおすすめです。買い手を探してから現金化するシステムであるため、時間はかかりますが、通常の買取より高く売れる可能性があります。