型番号(Ref.)は半角で検索して下さい

ロレックス高価買取のご依頼はこちら


お祝い金バナー4


バイヤー厳選|ロレックス今週の3本

2018.04.27

【デイトジャスト買取ガイド】ロレックス デイトジャストを本気で売ろうと思った時に読むガイド

更新
ロレックスデイトジャスト買取

ロレックス デイトジャストシリーズ を高価買取に繋げるための完全ガイドです。

デイトジャストと言えば、ロレックスのド定番ドレスモデル。査定価格や買取店の情報も溢れかえっていますので、こちらの記事で丸っとまとめてみました。

モデル系譜、相場、おすすめの売却方法まで。デイトジャストを売りたいと思っている方、必見の買取ガイドです。

目次

ロレックス『デイトジャスト』とは どんなモデルなのか

『デイトジャスト』は、ロレックスのモデル中最もポピュラーなスタンダードウォッチとして、多くのユーザーに愛用されています。

メンズ、レディースともにバリエーションが豊富に存在し、素材も多種多様に展開。ペアウォッチとしても選ばれやすい人気モデルです。

まずはデイトジャストというモデルについて、見ていきましょう。

ロレックス デイトジャストの歴史

ロレックス『デイトジャストシリーズ』は、ロレックスが誇る3大発明【オイスターケースパーペチュアル機構デイトジャスト機構】すべてを搭載した、実用性の高いスタンダードウォッチです。

その原型は、世界初のカレンダー機能を有した自動巻機械式時計として1945年に登場。その後1955年には24時ピッタリに日付が変更になるデイトジャスト機構が発明され、現在のデイトジャストに繋がる初期モデルが登場しました。

現在では、ケースサイズだけで4タイプ。ダイヤルカラー、素材、インデックス(アワーマーカー)のバリエーションも実に豊富に展開されており、その掛け算でモデル数が存在するため、現行品だけでも100種類をゆうに超えています。

また、長い歴史の中で「サンダーバード」と「ターノグラフ」という2つの派生モデルも登場しており、ユーズド市場で高い人気を得ています。

シリーズのモデル数が多いため、ロレックスの中で最も所有率が高いモデルであることはご周知のとおり。

ロレックス デイトジャストの系譜

 デイトジャストは長い歴史があり、多くのモデルが存在します。それらすべてここで書くことは不可能ですので、製造年代別に分けてざっくりお伝えしていきます。

デイトジャストの製造年は1945年から現在にいたるまで、途切れることなく続いています。その過程は大きく4つに区切ることが可能です。

・1945年〜1970年代後半

ロレックス デイトジャスト 1603 買取

いわゆるアンティーク世代のデイトジャストです。Ref.1601や、Ref.1603など、アンティークショップに行けば必ずと言っていいほどに販売されている人気モデルはこの時代に製造されたものです。

・1970年代後半〜2006年

ロレックス買取デイトジャスト16234

ヴィンテージ世代から近代モデルのデイトジャストです。いわゆる『5桁リファレンス』と呼ばれる世代で、Ref.16234などがユーズド市場に多く出回っています。

レディデイトジャスト(26mm)や、ボーイズデイトジャスト(31mm)が登場したのは1980年代から。ステンレススチール、ロレゾール、18Kゴールドというメンズモデルと同じ素材展開のほかに、メンズにはないプラチナモデルも追加されています。

文字盤に半貴石(ソーダライトなど)やシェル(真珠母貝)、コンピューターなどのモチーフが使われ始めたのもこの時代からとなり、デイトジャストシリーズのモデル数が大きく増えた時代がこの『5桁リファレンス』時代となります。

・2004年〜現在

ロレックス買取デイトジャスト2

これまで36mmサイズのみだったメンズモデルに、新たに41mmサイズが加わったのは2009年のこと。デイトジャスト2という名称で発売され、現在はサイズによる区別がわかりやすいようデイトジャスト41と名前を変えています。

また、レディデイトジャストも26mmから28mmにサイズアップされ、【28mm・31mm・36mm・41mm】の4サイズのラインナップになりました。

合わせて読みたい
ロレックス デイトジャスト 新旧比較モデル比較

ロレックス デイトジャストの基本スペック

  • 正式名称: オイスターパーペチュアル デイトジャスト
  • 製造年:1945年〜現在
  • カレンダー機能:あり
  • 動力機構:自動巻
  • 防水性能:50m〜100m

デイトジャストを語る上で欠かせないキーワード
→ オイスターケースとは
→ デイトジャスト機構とは
→ パーペチュアル機構とは

【16社を調査】売り先候補を選ぶため 買取店のデイトジャスト価格相場を調べてみた

ロレックス デイトジャストの売却を考えているのであれば、必ず知っておいてほしいのが、買取価格の相場です。

流通量が多く相場が安定しているモデルなので、大幅に安く叩かれてしまうということはまずありませんが、先に相場を把握しておくことで、いざどこに売ろうか決める際に役に立ちます。

買取相場を見てみよう(Ref.116200の場合)

まずはステンレススチール製のデイトジャスト36の買取価格を見てみましょう。web検索上位の16社について、調査しました。結果は以下の通りです。(2018年4月調査)

カドノ質店 ¥355,000 〜 ¥475,000
質屋さんドットコム 要問い合わせ
jrs ¥257,000 〜 ¥472,000
ピアゾ 〜 ¥450,000
ジャックロード 要問い合わせ
GMT 〜 ¥450,000
カイトリマン 〜 ¥450,000
なんぼや 要問い合わせ
宝石広場 〜 ¥530,000
買取エージェント 〜 ¥440,000
クオーク 〜 ¥450,000
ヒカカク ¥400,000 〜 ¥565,796
ウリドキ 〜 ¥440,000
かめ吉 要問い合わせ
ロレックスファン 要問い合わせ
エコスタイル 要問い合わせ

調査対象店舗のうち、10箇所のwebサイトで買取価格の掲載が確認できました。

まとめると、

Ref.116200の買取相場:
¥257,000 〜 ¥565,796 

となります。(2018年4月調査。最新相場はコチラ → デイトジャスト 116200 買取相場まとめ

同じタイミングで調べた実勢販売価格(価格コム調べ)は、新品最安値で ¥535,000 でしたので、

リセールバリュー:
48.0% 〜 105.7%

と、かなり高額での買取が行われていることがわかります。

これ以外のデイトジャストについては、ページ上部の検索窓から検索していただくか、無料のweb査定サービスもありますのでお気軽にご利用ください。

補足ですが、50万円を超える買取価格を提示している店舗は、最高価格の条件について厳しく規定しているケースが多く、例えば上の例ですと、宝石広場さんが以下のように規定しています。

上限価格は以下の項目が当てはまる場合の金額となります。

・付属品が全て揃っているもの(内箱・外箱・ギャランティー等)
・ギャランティー日付が6ヶ月以内
・外装に目立つ傷、ガラス欠損が無い状態
・動作に不具合が無い状態
・ギャランティー日付が1ヶ月以内
・シリアルが「ランダム」品番
・タグが付属

(引用:宝石広場買取ページより)

このように、相場の最高値側の条件に当てはまるケースがごく少なく、転売やよほどの理由がない限りありえない状態です。

通常使用の中古品であれば、最高値の約8割程度までが現実的に狙える数値になるでしょう。

ちなみに以前、上記調査対象店のうち4店舗に潜入して調査を行い、webサイトに記載している価格と実際の査定額の違いを調べていますので、合わせてご覧ください。
買取店潜入調査|エクスプローラー1はいくらで売れるのか?

付属品ありなし、オーバーホールありなし、で買取価格は変わるのか?

続いて気になるのが、査定の際に付属品のありなしや、直近オーバーホールのありなしで査定額は変わるのかということについて見ていきましょう。

ロレックス 買取 付属品

まず、ロレックスを新品で購入すると付いてくる、いわゆる付属品は【国際保証書(ギャランティー)・余りコマ・箱】の3つです。

 

付属品が欠けているデイトジャストの買取価格は、
1万円〜3万円ほど査定金額から引かれてしまうこともある

ため、査定時は自宅にあるものをすべて提出するようにしましょう。

また、売却前にオーバーホールをと考える方も多いかと思いますが、これは車の車検と同じで、直前にオーバーホールしたからといってプラス査定してくれるというケースはほとんどありません。

逆を返せば、

少々の不具合であればメンテなしで持ち込んでもマイナスにならない

ということです。

「要オーバーホール程度の不具合であれば、特にマイナス査定にはならない」by 買取エージェントさま

「修理部門があるので、要オーバーホールくらいであれば特に査定額には影響ない」by クオークさま

上記は先ほど紹介したこちらの記事(買取店潜入調査|エクスプローラー1はいくらで売れるのか?)の調査時に、実際に査定士の方から伺った言葉です。

デイトジャスト高額査定の理由|なぜ高く買い取れるのか

デイトジャスト Ref.116200 の買取価格が高い理由は、ロレックスというブランド力ももちろんありますが、主に3つの理由があります。

時計としての価値【ロレックスの3大発明】

デイトジャストにはロレックスが誇る腕時計の3大発明【オイスターケースパーペチュアル機構デイトジャスト機構】が全て詰め込まれています。

3つすべてが腕時計の歴史を変えたものであり、その発明により今日のロレックスというブランド力があると言っても過言ではありません。

ムーブメントが壊れている場合でも、オイスターケースのみに査定額がついたり、逆もまた然りと、部品そのものに高いリセールの価値があり、その集合体であるデイトジャストの買取価格が高額なのは納得できます。

ブランドイチ豊富なバリエーション

前述のモデル紹介のところでも書きましたが、デイトジャストには実に多くの文字盤カラーやインデックス、素材、サイズの展開があります。

これらのバリエーションの多さが、ユーズド市場に偏った在庫が増えることを防ぐ結果となっており、同時にデイトジャスト全体の値崩れを防いでいます。

ブランドイチの流通量で安定した価格設定

デイトジャストはロレックス中もっとも所有者が多いモデルです。

そのため、買取も販売も常に多くの量が流通しており、その需要供給バランスは長年崩れることなく継続されています。

リーマンショックのときは流石に一時的に値下がりしましたが、基本的には世界的に需要があるモデルであるため、一国の経済状況に左右されにくい点もデイトジャストが常に高値で買い取られ続ける理由です。

ロレックス デイトジャスト を高値で売るための手順

それではいよいよ本題。お手持ちのロレックス デイトジャスト をいかに高く買い取ってもらうかについて触れていきます。

以下、基本的な売却の流れです。

  1. 買取店をいくつか選ぶ
  2. 電話もしくはフォームで仮査定を依頼
  3. 査定額で買取店を絞り込み本査定を依頼
  4. 買取成立後は即現金化が基本

より高額で売りたい場合でも、上記の流れは同じになりますが、気をつけるポイントとして、最初から買取店を絞り込まないということがあります。

どのお店に売るかは、最初から決めるのではなく、最低でも仮査定を行ってから決めましょう。最初は3店舗に問い合わせてだいたいの査定額を聞いて、そのうち2店舗に本査定を依頼し、より高値をつけてくれたお店に決めるといったイメージです。

デイトジャストを買い取れるお店は4タイプ

デイトジャストというより、ロレックスを買い取れるお店のタイプとなりますが、それぞれの特徴は以下の通りです。本格的な買取査定に出す前に、基礎知識として抑えておきましょう。

高級時計専門店:
高い専門知識で、レアモデルなど細かいディテールの違いまで査定額に反映できる。多くは都市部に店舗を構えているため、地方からはアクセスが大変。

ブランド品買取専門店:
海外および業者間への流通ネットワークを持っているため、世界の標準価格での買取が可能。システマチックな対応で、海外バイヤーとのやりとりにおいて査定を行う業者もある。

質店:
もともとは質入れして現金を借りるという目的の質店だが、資産価値の高いロレックスは買取も可能。創業ウン十年という老舗が多い。

リサイクルショップ:
箱無し、ギャランティー無し、コマ不揃いなどの場合でも買取してくれる。スタッフのロレックスの知識が期待できないため、通常はあまりおすすめしないが、ロレックスなどの高級ブランドの買取に力を入れているお店も存在するため、その場合は選択肢に入れてもOK。

デイトジャストの売り方は3つ【店頭・宅配・出張】

ロレックス デイトジャスト の買取方法は主に以下3つがあります。それぞれに利点があるため、ご自身のライフスタイルに合わせてチョイスしましょう。

宅配買取:
メールまたは電話でのやり取りから仮査定を行い、本査定は宅配買取ボックスのやり取りで行なう。地方から都心のお店に売りたい場合は便利。

出張買取:
基本的には富裕層向けのサービスだが、一点でも依頼は可能。出かけられない都合があり、宅配だと心配という場合に便利。

店頭買取:
お店で直接コンシェルジュとやりとり出来ることが最大の利点。販売も行なっている買取店なら、買換えを検討している場合の相談にも心強い。

壊れて動かないデイトジャストでも売れるのか

合わせて知っておきたいポイントですが、

ほとんどのロレックスは壊れている状態でも高値で買い取りってもらえます

オイスターケースがひしゃげているとかのレベルでなければ、動かない、壊れている、傷だらけ、ガラス割れてる程度のことなら修理せずにそのまま査定に出してしまいましょう。

まとめ

ロレックス デイトジャスト の買取は、年間を通して安定した高値相場となっています。

売却の際は、まず仮査定をwebや電話で行い、本査定では店舗まで出向くか、無料の宅配買取サービスを利用するかになります。

当サイトでも無料のweb査定サービスがありますのでお気軽にご利用ください。

仮査定時にはあらかじめシリアルナンバーを控えておくと、製造年式が把握できるため、スムーズに金額を知ることができます。

お店の絞り込みの過程では、必ず営業を受けることになりますが、より高価買取を目指すという目的を忘れずに、後悔のない結果を目指しましょう。

実際に売る際は、こちらの買取査定手順をご覧ください。
→ 売る前に知りたい|ロレックス 買取査定 の方法まとめ